火災の原因ワースト6ガイド:火災の原因ワースト6情報

火災の原因ワースト6

2005年09月29日

石油ストーブ 電気ストーブ4
冬場の必需品。使用中の給油や衣類、布団、カーテンへの着火などが主な出火原因。取り扱いに気をつけましょう。
周囲に燃えやすい物を置かない。
給油は火が完全に消えたことを確認してからおこないましょう。
大事なマイホームを 火事で失いたくない為にも 常に気をつけましょう。




TOP


kieeth0903 at 11:29|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)
たき火3
出火原因は、周囲に燃え移ったり、火の粉の飛び火などが多いです。とくに飛び火は思わぬところで火災を発生させるので要注意。
風の強いとき、乾燥しているときはしない。(天気予報は、要チェックですね)
周囲の安全確認と水の用意を(ホースとか用意してると いいかも)
  秋になると焼き芋がうまいですよね^^ 庭先などで焼き芋を作られる家庭もいるのでは(都会では、無理かな?)焼き芋を作るときは、大人も一緒に、子供だけでは、絶対にダメ!!
ranking他のブログも見てみない?続きを読む
kieeth0903 at 11:24|この記事のURL
こんろ(台所)
ガスコンロ火災の大半が油なべからの出火。ちょっと目を離したスキに油は加熱して発火するものです(天ぷらを揚げてる時に 電話がかかってきて、つい長話に...こんなCM見たことあるような)
その場を離れるときは必ず火を消す(忘れないように)
ガス台の周囲はいつも整理整頓(ここのサイトに 簡単に消火できる商品も紹介してます)




TOP

続きを読む
kieeth0903 at 11:18|この記事のURL
火遊び4
発火元の大半がマッチやライターです。子供は、好奇心旺盛です。火の恐さを教えておきましょう!!これは、大事な個とです。 子供は、火の怖さがわかりません。身の回りの大人が注意深く見ておきましょう。怒ることも子供には、大事なことです。
子供の手に届く所にマッチやライターを放置しない、大事なことです。
花火をやるときは、できるだけ広い場所で。水が入ったバケツの用意も!!!
ranking他のブログも見てみない?続きを読む
kieeth0903 at 11:12|この記事のURL
放火5
深夜の車庫や階段・玄関(たまにバイクも)などの紙くずや新聞紙が狙われやすいです。
家の内外に燃えやすい物を放置しない。
ごみは決められた日の前の晩から出しておかない(犬や猫にゴミをあらされる場合もあるので、当日に出しましょう。)
外灯はできるだけ明るくする(外灯に関する商品も紹介していきます)
なんだかんだ言っても 放火は、絶対に許されない行為です。卑怯です。
自分の身は、自分で守りましょう。




TOP

続きを読む
kieeth0903 at 11:05|この記事のURL
たばこ5
たばこの火災でもっとも恐いのは無炎燃焼(気づかない場合が多い)。引火後、数時間経って燃え出すため手遅れになることももあります。
いつもの場所に喫煙場所を設けて灰皿に水をいれましょう。
吸いさしをそのままにしてその場から離れない(常識です。)
寝たばこ厳禁(酔っ払って寝る方も多いのでは...)
また、歩きタバコは、厳禁です。小さな子供が被害を受けます。タバコを持った手を下に下ろした状態が 5歳児頃の子供の目のあたりにタバコがきます。最悪、失明の危険もあるのです。 本当に危険な行為です。
ranking他のブログも見てみない?続きを読む
kieeth0903 at 10:58|この記事のURL